IPO株が人気を集めている理由は、株価が上がりやすいからでしょう。
IPOとは新規公開という意味です。
つまり、今まで証券取引所に上場していなかった企業が、新たに上場することを指します。
上場することは企業にとってはステータスを得られるというメリットや、資金調達をしやすくなるというメリットがあります。

企業が新規公開をするときに懸念することの一つが、取引があまり行われないことです。
せっかく上場したのに誰も買ってくれないと行ったことになると、ただコストがかかっただけのことですから、そうならないように少し割り引いて投資家に売ります。
こうすることによって、確実に取引がなされるようにするわけです。

上場に先立って、株主を公募します。
このときの株価を公募価格と呼び、投資家は公募価格で買います。
そして、市場で取引された最初の価格を初値と呼びます。
初値は公募価格から上がることが多いです。
ですから、公募価格で購入して取引が開始されたときに売るだけで設けられることが多いのです。

IPOは上がるから設けられると言われることが多く、そのために人気を集めていますが、必ず上がるというものではありません。
相場のことですから下がることもあります。
また、初値は高くても、その後は下がってしまうこともあります。
ですから、絶対に利益を得られると言うことはありません。

ただ、上がる確率はかなり高いですし、期待されている企業なら上昇率もかなり高いです。
公募価格の2倍や3倍くらいの価格がつくことは珍しくはありません。
普通に取引をしていて2倍や3倍になる株式を見つけるのは困難ですが、IPOであればこれくらいは普通なのです。
簡単に言えば、IPOは儲けやすいために人気があるのです。