IPOは初心者でも取り組みやすい株式投資として広く知られています。本業を持っている人も副業として取り入れることが多く、24時間取引ができるのもメリットの一つです。上場する企業の株を見ながら、利益がでそうなものを絞っていきます。少しでも利益が出そうなものは、証券会社を通じて注文を出しておきます。注文をしたものは、全て購入できるわけではなく、証券会社の抽選結果によって購入できる人が決められます。

IPOをする時には、抽選に当選するテクニックも必要です。複数の証券会社を活用することで、当選の確率を上げることができます。また、家族や知り合いに依頼をして注文を出す人もいます。本格的に活動をする場合には、最低でも複数の証券会社に口座を用意する必要があります。当選するテクニック以外に重要なことは、初値予想の精度を上げることです。

公募価格よりも初値のほうが高ければ、利益を出すことができるのです。セキュリティ会社のひとつにファイアアイとよばれる企業があります。企業の情報は、さまざまなサイトに掲載されています。ファイアアイの初値予想をするときには、同じセキュリティ会社で上場をしている企業がないかを調べます。同業種の場合には、株価が似たような動きをすることがあるので、データとして参考にするといいです。

また、ほかの株式投資を行っている人の初値予想をさんこうにするのもいいです。ファイアアイのIPOの注文を考えている人は、サイトで予想を立てていることもあります。株式投資の腕がある管理人が運営している場合には、参考になります。これからのセキュリティ業界の需要を予想するのも初値予想をするときに役立ちます。将来的に需要のある業種は、初値が高くなることが多いからです。