人気のIPOの当選というのは、宝くじに当たるようなもので簡単に当たるものではありません。
IPOは株式投資の中でも公開価格で手に入れることができれば、銘柄によってはノーリスクで大きな利益を手にすることができるので、競争が激しくなるのも当然のことといえます。
そのため、初値が何倍にもなることが予想される銘柄ともなれば、簡単には当たるものではないのですが、当たりやすさというのは証券会社によっても変わってくるもので、まず第一に取り扱い数によって当たる確率が変わってきます。
主幹事であればそれだけ配分も多くなるので、人気のIPOでも多少当たりやすくなるのですが、次に重要なことは配分の方法となります。
当然人気の高いものは抽選となりますが、その抽選方法に関しても証券会社の裁量が入るものと完全な平等なものがあります。
証券会社としても手数料をたくさん払ってくれる、優良顧客を優遇したいと考えるのである程度証券会社の裁量によって配分が決まるので、あまり手数料を落としていない利用者は不利になってしまいます。

しかし、GMOクリック証券の場合にはどのような利用者でも平等であり、大口でも小口の利用者でもGMOクリック証券であればIPOの当選確率は変わらないものとなっているのです。
そのため、証券会社から優遇されるぐらいに取引を行うことがある人にとっては相対的にGMOクリック証券は不利な証券会社となってしまいますが、多くの人にとってそこまで手数料をかけることは稀ですから少しでも人気のIPOを当選させたいと思ったときにはGMOクリック証券のように抽選が完全に平等になっている証券会社を選んで申込みをすることで、IPOの獲得のチャンスを増やすことができます。